乳酸菌&ビフィズス菌 › プロバイオティクス
お役立ち情報
プロバイオティクス

プロバイオティクス

20世紀、医療の現場では細菌を殺すためのくすり(抗生物質)の発見(1929年)によって「治療医学」が急速に発展しました。しかし、抗生物質が効かなくなる菌(耐性菌)が増えた結果、抗生物質の乱用が見直されました。そして、ヨーロッパの研究者により「プロバイオティクス」の利用が提唱されましたが、その原点は代田イズムです。代田博士の「予防医学」の考え方は、21世紀の現在、再び大きな注目を集めているのです。

プロバイオティクス権法では、くすりを 使わずにからだ本来の力を呼び覚まします。

プロバイオティクスの定義は、「腸内フローラのバランスを改善することにより、人に有益な作用をもたらす生きた微生物(有用菌)」とされています。つまりプロバイオティクス健康法とは、有用菌の力を借りて腸内フローラのバランスを改善し、からだ本来の力を強めることで、病気を予防しようという健康法です。抗生物質(アンチバイオティクス)とは逆の考え方ということになります。

※腸内フローラ(腸内菌叢)とは・・・
 腸内に住む細菌たちは顕微鏡で見ると花畑(フローラ)やくさむら(叢)のように見えるためこう呼びます。

プロバイオティクスとは、 からだに有益な微生物のことです。

乳酸菌は最も代表的なプロバイオティクスの候補ですが、乳酸菌ならなんでもよいというわけではありません。次のような条件を満たした、選び抜かれた乳酸菌だけがプロバイオティクスと呼ばれるのです。

プロバイオティクスの条件

  • 安全である
  • 元々おなかに住んでいる
  • 確かな効果を発揮する
  • 食品で採ることができる
  • 手頃な価格で買える
  • おなかの中で増える
  • 生きて腸に届く