乳酸菌&ビフィズス菌 › 乳酸菌 シロタ株
お役立ち情報
乳酸菌 シロタ株

乳酸菌シロタ株 (L.カゼイ YIT9029)

乳酸菌 シロタ株とは

ヤクルトが70年以上研究しつづける乳酸菌 シロタ株。
その働きは、国内だけでなく世界の医者・科学者に注目されています。

ヤクルト創始者 代田 稔博士「一人でも多くの人に健康になってもらいたい」
その願いを叶えるために予防医学を志し、微生物研究の道に入った医学博士の代田稔。彼は昭和5年、人々の健康に役立つ乳酸菌の中から、胃液や胆汁などの消化液にも負けず生きて腸に到達し、悪い菌を退治する乳酸菌を発見。
この乳酸菌をさらに強化し鍛え上げ、培養することに成功しました。
それが、後に【乳酸菌 シロタ株】とよばれるラクトバチルス カゼイ シロタ株です。

乳酸菌 シロタ株健康に役立つこの優れた乳酸菌を、たくさんの人に摂取してもらうために、おいしい乳酸菌飲料として商品化。こうして昭和10年、乳酸菌飲料「ヤクルト」の販売がスタートしました。

シロタ株.jp」では、さらに詳しい情報をご覧いただけます。