沖縄ヤクルト株式会社
メインイメージ
HOME > スタッフブログ

こんにちは、

ヤクルト ふれあい通信です。

今回はお客さまから

読谷センター中村 明奈さんに

届いたお手紙を紹介します。

『ヤクルト 配達人のお姉ちゃん

あなたは常にニコニコ微笑していて

また、笑いの天才です。

人間は愉快なときにも笑いますが

笑っているとズンズン健康に

なってくるのです。

こういう人は何をしても成功します。

笑いは心を明るくし、万病を癒し

幸せをよびよせる。

あなたは光明の雰囲気を発射する人

なのです。

あなたに逢っていやな思いをする者は

いないと思います。

どうか今の調子で、いつでも

どこでも笑いをふり蒔いて

ヤクルト販売業績も

うんと上げてください。

楚辺ヤクルト愛飲推進者より』

素敵なお手紙ですね

明奈さんは本当にいつ会っても

ニコニコ笑顔で迎えてくれます。

私もつられて笑顔になっちゃいます。

先日、ある本をよんでいたら

こんなことが書かれていました。

「人生を数字で100%とすると

しくしく(4949)泣くのは4×9=36%

ははは(888)と笑うのは8×8=64%

36%+64%でいくつになりますか?

答えは100%(*^_^*)

笑ってる方が多いんです。

100%に近づくような

毎日にしたいですね。

では、また次号で(@^^)/~~~

カテゴリー:スタッフブログ
1 / 812345...最後 »

こんにちは ヤクルト ふれあい通信です(^^)

最近、日が暮れるのが早くなりましたね。

毎日の生活の中では人それぞれいろんな事があります。

ヤクルトは地域のお客さまに真心と健康

そして笑顔を添えてお届けしています。

当たり前のように続けている事がお客さまに

「生きててよかった」

と思わせているとしたら…

皆さんどう思いますか?

直販営業部YHAの前原 ツヤさんが

首里センターのYS崎山さんが担当している

金城様とお店の売り場でお会いした時の話です。

金城様……「私が更年期障害で苦しんでいる最中、

大親友がクモ膜下出血で突然他界しました。

大親友を亡くしたショックでうつ病になってしまい

食事も摂れず、夜も寝られなくなり体重は30キロ台に…

自殺も考えました。

そんな時、YS崎山さんとの楽しいおしゃべり

こんな私の事を親身になって考えてくれて

崎山さんやヤクルトの人達に救われました。

ヤクルトで働く人は目が違う、輝いていて

笑顔も作り笑いじゃなく心からの笑顔

本当にどうしていいかわからなくて、ただ

一日ぼーっと過ごしている私に元気をくれた。

これからもヤクルトは続けるわよ。

前原さん私と握手してちょうだい

あなた達を見ると元気と幸せ、

生きててよかったと思うのよ

ヤクルトも好きだけど働いている

あなた達がもっと好きよ。」

と話し、目に涙を浮かべながら

握手してくださったそうです。

「生きててよかった」

そんな言葉を頂けるなんて

凄いことですよね

金城様が一日でも早く元気に

なりますように。

では、また次号で(^_^)

カテゴリー:スタッフブログ > 未分類
1 / 812345...最後 »

こんにちは ヤクルトふれあい通信です。

ヤクルトスタッフとお客さまとのふれあいや出来事をお話ししていただきます。

今回のゲストはみらい館事業所担当の 友利 かおるさんです。

友利さんはYS歴22年のベテランさんで、那覇高校や那覇警察署等の事業所を担当しています。

友利さん…「仕事は定時定販を守り、なるべく休まないようにして

事業所なのでお届けのときはお仕事の邪魔にならないように

気をつけています。」

☆お客さまに言われて嬉しかった事はありますか?

友利さん…「やっぱりお届けしているお客さまから、あまり便秘しなくなったとか、

血圧が安定してきた、と言われると嬉しくなりお役に立てたんだなぁと思います。」

御自身はヤクルト400を愛飲しているそうです。

友利さん…「60歳までがんばります!」

と、素敵な笑顔で話していました。

健康みらい館(事業所)上原マネージャー

上原マネージャー…「友利さんはお客さまに対してもセンターのスタッフに対してもいつもやわらかく優しい対応をしています。後輩に対してもとてもおおらかに接してくれています。このセンターは年齢層が幅広いんですが、友利さんには中間層をどんどんひっぱっていってほしいですね。」

上原マネージャーは友利さんをとても頼りにしているんですね。

友利さんこれからも体に気をつけて、60歳になったらまた取材させてくださいね。

カテゴリー:スタッフブログ > 未分類
1 / 812345...最後 »

こんにちは ヤクルトふれあい通信です。

ヤクルトスタッフとお客さまとのふれあいや出来事をお話ししていただきます。

今回は、小禄センター 金城 直美さんです。

金城さんは那覇市小禄の具志を担当して13年になるそうです。

素敵なお話しを聞くことができました。

☆金城さん…「いつもご購入頂いてるお客さまなんですが、お伺いするたびに奥様に「飲んでも変わらないんだよね」と言われたり御主人は「じゃあ買うなよ」とか気持ちが落ち込む事をおっしゃる御夫婦がいました。

それは、今年一番の寒さと言われた日でした。

お届けしていて初めての事なんですが、どうしてもそこに足が向かなくて、すごーく寒い中公園のベンチで一人ぽつーんと座って行こうかどうしようか悩んでいました。でも、今日いかないと本当に行けなくなると思い頑張ってそのお宅にお伺いしました。

いつもどうり商品をお渡しして、おつりを渡した時私の冷たくなった手がお客さまに触れないよう気をつけていたんですが触れてしまったんです。

「あっ!」と思った瞬間、いつも怖い苦手だなと思っていたお客さまが私の両手をぎゅーっと握って暖めてくれたんです。「あんたこんなに冷たくなって…」っておっしゃりながら5分か10分くらいだったかなぁ 恥ずかしいやら申し訳ないやら本当にびっくりした事がありました。でも、その時この仕事やっててよかったって心底思いました。

ヤクルトの仕事は大変だけど、大切なお客さまに会いたいし、いつも元気な私を見てほしいから休まないようにしています。多少具合が悪くてもお客さまやスタッフに会えば治る気がするんです。 これからも入社20年目を目指して頑張りたいです。あとはお客さま一人一人と写真を撮ってアルバムを作ってみたいですね。」

金城さんのお子さんはヤクルトで働いているお母さんの事をみんなに自慢するそうです。「子供にも頑張っている事が伝わってます。」と笑顔でお話ししてくれた金城さん

これからも体に気をつけてお仕事楽しんでくださいね(^.^)

カテゴリー:スタッフブログ > 未分類
1 / 812345...最後 »

こんにちは ヤクルト ふれあい通信です。

ヤクルトスタッフとお客さまとのふれあいや、いろんな出来事を

お話して頂いています。

今回は読谷センター 當銘 美奈子さんです。

☆當銘さん…ヤクルトには知人の紹介で勤めはじめて2年と4カ月になります。

読谷センターは皆さん協力的でとても仲がよくて楽しいセンターですよ(^.^)

私は嘉手納~屋良を担当しています。

この前お客さまに「あんたが私のいちどぅし(一番友達)さぁ」って

言われたのがとても嬉しくていつも元気をもらってます。

お客さまにもっと仲良くして頂いて自分の子供みたいに思って欲しいし

ヤクルトをお届けする以外でも役に立てるYSになりたいと思っていて

いつも「何でも屋だからね~」って言ってます。

それがきっかけで、チラシを集めているご家庭がある事を聞いて

協力させていただいたんですがとても喜んでもらえました。

私の主人のおばあちゃんがヤクルトで長い事働いていたそうで

会ったことないけどすごく縁を感じます。

ヤクルトレディ生誕50周年ですが私も50年頑張りますよ

當銘さんはお客様の為にヤクルトが飲みやすくなるようにとレシピを考えたり

読谷センターではハーリーや綱引き大会に参加したりと

地域の方々との交流を大事にしているそうです。

将来の夢は「オーシャンビューの一軒家を持つこと」

クルム伊達さんに似た凄く素敵な笑顔でお話ししてくれた當銘さん

経営理念をいつも意識しながら活動をしているんです

これからも地域に真心と當銘さんの素敵な笑顔届けてくださいね。

カテゴリー:スタッフブログ > 未分類
1 / 812345...最後 »