沖縄ヤクルト株式会社
メインイメージ
HOME > 2012 > 9月

今回のふれあい通信は八重山営業所、植村YSが健腸長寿プログラムを進めている中での事例を紹介します。

——————————————————-

私はヤクルトスタッフになって約1年になります。週に2回ほどある会社にお届けに伺います。

その会社の職員の方々は約40名在籍しており1人1人が休憩所に来ていただき購入頂いております。

その中の1人の方に健腸長寿プログラムのリーフレットを見せ「小腸と大腸にできることを紹介しますね」と言ったところ、その方は「私だけではなく朝礼の時にみんなに紹介したら?」と言ってくれました。

その会社では毎日1時間朝礼があり、その時に飽きさせないためにはどうやって楽しく説明や乳酸菌の良さを伝えていこうか迷いました。

そこで愛ちゃん先生の健康教室を思い出し、ホームページや資料を参考にしながら勉強しました。
そしてクリスマスのフサフサを使い6mの長さを用意しました。

当日はそれを使い身長150cmの人に持ってもらい「これって何か分かりますか?実は身長150cmの方の小腸の長さなんですよ(笑)びっくりしますねー」と言ったら最初は興味を示さなかった方々が1人1人耳をかたむけ、見入るように話を聞いてくれました。
まずは興味を持ってもらう事!そしてわかりやすい言葉で説明した結果、「この機会に試してみるわ」との声もいただき多数のヤクルト400モニターをいただきました。

質問がでるとまずは私が説明し、補足説明を具志堅マネージャーにしてもらうといった感じで事は進んでいきました。

後日職場の職員に知り合いがいたので感想を聞いてみたところ
「今までは、ただイイ飲み物というだけでの感覚でしかなかったけど、小腸と大腸は役割があって、小腸は自分の栄養を吸収するとっても大事なところなんだね~知らなかったさぁー・・・」

「もっと難しい研修になるんじゃないかと思っていたけど結構、分かりやすく教えてくれてよかった!健腸長寿って意味がちゃんとあるんだね!今度も又朝礼で乳酸菌や、健康の豆知識を色々と教えてね!」といった喜びの感想がありました。

無事に終わった後はなんだか自分のやっていることに確信がもてた瞬間でした!本当にできてよかったです。
今後このような形で健腸長寿プログラムや健康教室など開催する機会が多くなると思いますので商品知識などの勉強会も積極的に参加して地域の健康アドバイザーとして自信がもてるように楽しく学ぶ機会を増やします。そしてヤクルトの良さ、乳酸菌の良さを楽しく、そして分かりやすくお客さまにお伝えしていきたいです。

カテゴリー:スタッフブログ