沖縄ヤクルト株式会社
メインイメージ
HOME > 2013 > 2月

こんにちは!ふれあい通信です。

今回は石川営業所の杉田渚スタッフの「絆レター」からお届けいたします。

————————————————

現在ヤクルトのお届けをお休みされているお客さまから突然の電話・・・

「あなたに見てもらいたい物があるから家に寄ってちょうだい」とのこと、私・・・なにかしたのかな?と

おそるおそるではあったんですが、勇気を出していつも通り明るく行ってみると、家の中からお客さまが走ってきて、庭に出るようにと・・・

「これ見てみなさい!」お客さまが指す花壇には花が咲いていました。

「この花は買われたんですか?可愛いですね(^_^)何という名前の花ですか?」とたずねると、

「あなたが持ってきた花の種!植えたら咲いたのよ」と言われ、私はビックリしてしまいました。

ヤクルトだよりというもので昨年は「せきちく」と「水菜」の種を、お届けするお客さま対象にお配りしていました。

その種を植えてくださり、育て、可愛い花が咲いているお宅があったなんて(^o^)/

その場で感動してしまいました。

少しお話をして、今では毎週伺うようになりました。お客さまに会ってお話しすることがとても楽しみになりました(^^♪

————————————————–

昨年、蒔いたせきちくの種が花開き、そのせきちくがお客さまとスタッフの絆を結んだんですね(T_T)今後の絆づくりに期待ですね!ありがとうございました。

カテゴリー:スタッフブログ

こんにちは!ヤクルトゆんたくマガジンです。

早いものでもう今年も12分の1が終わってしまいましたね(^^ゞ

今年もあっという間に終わってしまう気がします・・・

今回は全国はっ酵乳乳酸菌飲料協会が発行している「はつらつファミリーNo.32」より

「生活習慣改善のツボ」と題してお酒の飲み方や腸の健康チェックなどをお届けしていきたいと思います。

「百薬の長」と呼ばれるアルコールですが、過度の飲酒は肝臓病、脳出血がんなどのリスクを高めます。
健康的に飲むためにはどのような点に気をつけたらいいのでしょうか?
まずはお酒の飲み方、8つの心得について

①飲酒量の1日平均は純アルコールで20g以下!

厚生労働省は「健康日本21」の中で節度ある適度な飲酒量を”1日平均純アルコールで20g程度”としています。

これはビールや日本酒に換算すると以下の量になります。

1日の適度な飲酒量

●ビール
アルコール度数5%のもので500ml

●日本酒
アルコール度数15%のもので1合(180ml)

●ウイスキー
アルコール度数43%のものでダブル1杯(60ml)

●ワイン
アルコール度数12%のもので小グラス2杯(200ml)

●チューハイ
アルコール度数7%のもので1缶(350ml)

●焼酎
アルコール度数25%のものでコップ半分(100ml)

となってますね!!!

アルコール度数が低いほどたくさん飲めるみたいですね!
でもビールやチューハイじゃ物足りないという方も多いかもしれません((+_+))
意識して飲んでみてはいかがでしょうか?

今後あと7つの心得や腸の健康チェック等をお届けしていきます。

カテゴリー:ヤクルトゆんたくマガジン