沖縄ヤクルト株式会社
メインイメージ
HOME > 2013 > 5月

こんにちは!

ヤクルトゆんたくマガジンです。

ここ数日、沖縄も晴れの日が続き暑い沖縄になりつつありますね~
梅雨入りも間近でしょうか(?_?)

さて、今、首都圏では風しんが流行っているようです。
東京、大阪、神奈川、兵庫、埼玉などで風しんが多く見られています。
沖縄では2013年4月現在で6例の報告が上がっているそうです。

厚生労働省によると
平成23年度の調査で20代~40代の男性15%の方が、風しんの抗体を持っておらず、女性は4%だそうです。

抗体を持たない又は抗体を持っていても低い値の妊娠中女性が風しんにかかると、赤ちゃんに難聴や心疾患、白内障や緑内障などの障害(先天性風しん症候群)が起こる可能性があります。
昨年の流行の影響で、平成24年10月から平成25年3月末までに、8人の先天性風しん症候群の患者が報告されたようで、妊娠中の女性は予防接種が受けられないため、妊婦の周りにいる方(妊婦の夫、子ども、その他の同居家族等)は、風しんを発症しないように予防に努めましょう(^^)/

予防接種について
・1歳児~小学校入学前1年の幼児は、多くの市区町村で無料で接種できるようです。

特に
・ 妊婦の夫、子ども及びその他の同居家族
・10代後半から40代の女性(特に、妊娠希望者又は妊娠する可能性の高い方)
・産褥早期の女性
は任意で接種されることをご検討ください(^v^)

カテゴリー:ヤクルトゆんたくマガジン > 未分類